しっぽをくるん

ぺらねこのにっき

外出自粛で体を動かせなかった結果

先日、猛烈な頭痛に襲われ、散々な目にあいました。
一時は花粉から来る副鼻腔炎かとも思ったのですが、結局は猫背と運動不足からくる背中のこりが腰や肩に波及し、さらに緊張性頭痛の原因となっていたようです。
正直、毎週数回はラジオ体操に参加していたので、体をほぐすことはやっているつもりでいました。全く足りませんでしたが。
実際、背中のこりが原因で体調がこんなに悪くなるとは思っていませんでした。猫背になっていた理由は心当たりがあるのですが、やんごとないので言及しません。

近所にイカした鍼灸院をみつけまして、お灸をすえていただいたところ、たちどころに回復しました。疲れが溜まったらまた行くしかないのですが、できるだけ疲れをためない習慣を作ろうと、ストレッチの時間を増やしてみたり、フォームローラーだけでなく、ストレッチポールにも乗るようにしたりしています。

ストレッチポール場所を取るので、ワンルームなどだと運用しにくいのですが、あの背中が伸びる感じは他の器具ではぜんぜん味わえないので、ぜひ本物を買ってみてください。

うちは、以前通っていたボルダリングジムで開放感を味わい、割と即決で買いました。

カメラをやる方は、体幹の強化にも繋がりますので、できるだけ毎日乗りましょう。私ものります。乗っているだけでも効果があるそうですが、肩甲骨周りを自重で弛緩させるのり方とか、腕を強化する動きとか、色々な使い道があります。

amzn.to

背筋をちゃんと伸ばして座るだけでも、消費カロリーがだいぶ違うらしいという噂も聞きました。
外に出て大きな動きがしにくい今、まじでおすすめです。

2021年1月のVRChat最速入門

VRChat 入沼セット
 
注意事項
VRChat用のアバターを使いたいというときに気をつけること。
アバターの作者ごとに、モデリングの癖があります。
そのため、別のアバターを触ると時々なんもわからんになります。
なんなら最近のモデルと古いモデルでもだいぶ違いがあります。
これは、3DモデリングソフトからUnityにデータを運ぶときの都合などの問題で起きる現象なので、現状対策がありません。

VRChatの機能とUnityの機能とモデルの機能を明示的に区別するのが困難です。
これは、意識的に分けて観察しないと理解が深まらないので、できるだけ元データを触るとよいです。
 
アバター2.0/3.0の過渡期。
アバター関連の諸々は2.0/3.0で使えるものが違います。
なんならパラメータ設定項目も違う場所にあります。
そのため、今からアバター3.0に慣れておくと吉です。
 
VRChat本体の機能を加工することは(ほとんど)できませんが、アバター側から制御できる機能は多数あります。 booth.pm
こちらは、アバター3.0用のカメラ拡張。アバターに組み込んで使います。
 
ここまでがざっと現在の状況です。
 
詰まったときに頼るところ。
VRChat公式の諸々を見て、その次に読むのはこちらがおすすめです。
アバターや衣装に付属している説明書は、アバターについて詳しく書いてあるのですが、どうしてもVRChatにおいてアバターはどう表現されているかという点を理解していないと、うまく読みこなせない面があります。
こちらの書籍は、アバターがVRChatにおいてどうやって表現されるのかをUnityの画面を交えて大まかに解説しているので、非常に助かります。
 
現在、アバター作者の癖や3Dデータの構造の問題で、アバターを正規化する事はできません。
そのため、網羅的なマニュアルは存在しないという悩ましい状況なのです。
 
おすすめのアバター
■無料3.0
■無料2.0 

booth.pm


booth.pm

シャペルはクリエイティブ・コモンズの【感染する】ライセンスなので注意。
練習でギッタンギッタンにしても怒られないのは◎。
 
■有料3.0
ミーシェでBOOTH内を検索すると、素体に対応した衣装がもりもり出てきて幸せです。
ミーシェ互換のアバターも同じ作者さんがリリースしてくださっているので、顔の好みとかはそちらで補うこともできますし、なによりユーザー数が多いので改造に手を出した人が多いのが良いです。
質問したときに回答がもらえる可能性が高い。これは大事ですね。
 
ざっくりとこんなかんじなんですが、随時追記します。

新年バグレポ

バグレポっていうほどではないので自ブログで。

VR Chat中にHMDがバンバンフリーズする現象が発生していました。

 

steam vr failed 203

steam VRで203エラーが出て苦戦したのでメモです。

結論から言うと、Razer Cortexが悪影響を与えていました。

現在はRazer Cortexをアンインストールして、ほぼ安定動作しています。

 

Razer Cortexはゲーム向けにメモリ管理をしてくれるソフトなのですが、Steam VRVR Chat)と相性が悪い模様です。

たぶんRazer Cortex側はSteam VRなどをターゲットにしていないと思うので、改善は望めない気がします。おとなしくアンインストールして吉です。

 

なんとなく気づいたことのメモ。

Razer CortexがVRChatの子プロセスだけでなく、不要と判断したプロセスをキルする→VRChat及びSteam VRの何らかのプロセスが死ぬ→VRChatから呼び出されたSteam VRが死んでいるプロセスを探す→プロセスが死んでいるのでエラーを返してVRChatもろとも落ちる。

多分こんな作用機序かと。

 

マウスドライバのついでにインストールしてね みたいな立ち位置のソフトですが、いがいと影響範囲が大きいようです。

イブイブ都内散歩まとめ

クリスマスイブの前日に、溜まりに溜まった年末ご挨拶などを殲滅するため、都内電気街へ向ったねこたち。

今年後半じわじわとパーツを集めて組み立てたPCで、リプレイスされたパーツの処分を口実に、遊舎工房さんで足りなくなった部品の購入をしたり、はやりのキャラグッズをみたり、要はお散歩です。

PCのパーツは、事前に高め査定のお店を調べても良かったんですが、頑張っても対して値段が変わらないのも事実なので、最近お世話になっているツクモさんに査定をお願い。持ち込んだメモリが16GB2枚だったので、メモリテストしてから査定結果出しますとのこと。ざっくり5時間位見ておいてくださいと言われ、完全にダラダラするモードへ。

処分するパーツを渡して身軽になったので、遊舎工房さんへ。組み立てたいキーボード用のMXソケットを80本購入。その他新しく入荷したスイッチを試させてもらう。

人気のサイレントアルパカは、スムーズに押せるシルキーなタッチ。あくまでも上品。アルパカは軽く一瞬で底づきしてしまうため、なでうち派に優しい感じ。KhailのBOXピンクは価格性能のバランスは良いが、サイレントアルパカのスムーズ感に比べると、明確にざらつきを感じる。しかし、軽めのスプリングなのに底づき感が皆無で、これはこれでよい。ゲームエンドを狙うなら、サイレントアルパカは大アリだと思いますが、ひとつあたり120円台。キーボード1枚で1万円を超えてくる。

即断できず、次の目的地へ。

湯島に移動して、夜学バーの昼営業へ。夜学バーBratさんは落ち着いたショットバーですが、昼営業は謎のぬるま湯空間です。

しかし、今日は店員さんを数学にいざないたくて通っている先生(仮称)が来店。いきなり波乱の幕開けとなりました。

私達の理解している数は、同一の数直線に並べることができるのか? という根源的な問から始まり、ゴールは一般性相対性理論に向って全力疾走です。

数同士を足し合わせるためには、それぞれの単位を合わせなければならい(わかる)

単位は分数だと思って通分すればよいので、時間足すベクトルの式を成り立たせたければ、時間かけるベクトルの分母を用意すればいい。(いや、ほんとに!?)

なんか頭を強くシェイクされたので、早めに撤収。

流石にまだ査定終了の連絡は来ていないので、普段行かないドンキ・ホーテへ。

店内はだいぶ空いており、業務スーパーより人手が少ないくらい。でっかいお菓子コーナーでやばい肉塊を見つけて買ったり、チルアウトっていう話題の逆エナドリを買ったり。

そうこうしている間に査定金額が出る時間になったので、結果を聞きに行ったらほぼ満額回答。ありがたい限りなので手続きをして帰路に。

ふと思い立ってEG ガンダムが売ってないかなーとビックカメラによったら、1人1限ではない大盤振る舞い中。

ついうっかり2つ購入してしまいました。

とかやってたら、ツクモさんからスマホに連絡。ポイント付与忘れたんですけど、ちかくにいますか? とのこと。ポテポテとお店に戻ったら、結構なポイントが付与されてにこにこにゃんこに。

そのあとてってってっとお家に帰って、ぐにゃんとねまひた。

あーたのしかったー。

 

 

かにかまはいかにして挨拶となったのか

この記事は、雑談Slack Advent Calendar 2020 12月13日の記事です。

adventar.org

お正月が近づいてきましたね。

おせちの手配は終わっていますでしょうか。まだの方も多いのではないかと思いますが、今年は流通が諸々で麻痺状態ですので、早めに受け取りを済ませておいたほうが無難です。

さて、おせちに欠かせない食材として、紅白のかまぼこが挙げられます。
何しろおめでたいですし、いつもよりグレードの高いかまぼこがスーパーマーケットの主力商品として並びますから、年越しを前にするとかまぼこの値段が跳ね上がります。

普段なら98円の白いやつが498円の紅白揃って1,000円超えてくるわけですね。もっと高級なのもありますが、一番つらいのは普段の白い子がいなくなってしまうことです。

そんな中、紅白でめでたく、年末でも暴騰しない優良な商品がかにかまです。
こいつは年中無休で100円を切る値段で売られていますし、正月もその佇まいを変えずフランクに値下がっていたりします。なんでだ。

というわけで、かにかまの良さを各位に知らしめようと、今年の夏頃から、あいさつにかにかまを取り入れたり、会話にかにかまを散りばめたり、無造作にかにかま食べたいなーなどと浸透作戦を繰り返した結果、ついに自らの手を汚さずに、#かにかま がうまれ、かにかまを食べたレポートや、かにかまの得点表などが生み出されました(感慨深い)

かにかまにも大きく分けて、デイリー/スペシャル/スポーツ/ネタなどの分類があるのですが、ネタ部門では、サラダスティックシリーズが大きくリードしている印象です。

  • サラダスティック
  • サラダスティック みかん風味
  • サラダスティック ソーダ風味
  • サラダスティック 黒トリュフ風味
  • サラダスティック 明太子風味
  • サラダスティック 瀬戸内レモン風味

いや、シリーズ商品多すぎるでしょう(わあ)

参考URL https://www.ichimasa.co.jp/products/search.asp?category=3 (一正蒲鉾株式会社)

現在は、黒トリュフ風味のみ販売中のようですが、他の商品も見かけることがあるらしいので、もし見かけたら教えて下さい。

 

また、近年はかにかまがスポーツに進出しております。

上掲のサイトにもスポーツかにかまが表示されていますし、セブン-イレブンたんぱく質10g カニカマバーを投入しています。

ascii.jp

わたしも早速このカニカマバーをためしてみたのですが、圧巻のひとことでした。だって、デイリーユースのかにかまをそのままスケールアップさせた商品なんですもん。

つまり、繊維が太い。マジで太い。通常のかにかまよりも繊維が太いから歯ごたえがしっかりとしている。それに伴って、しっかりとした満腹感を感じる。

おにぎりと同等の価格で、さっと剥いてぱっと食べられるのは、爆アドとしか言いようがありません。

 

この商品の開発経緯には、購買層のヘルシー志向によって生み出されてきた、ササミスティックやチキンサラダなどがどこでも買えるようになり、味変をもとめている人にむけて、海のタンパク質ですよーとアピールする狙いがあるものと思っています。

さらに、コンビニ自体も24時間スポーツジムの1Fに出店するなど、24時間ジムとのシナジーが強いのもアドですね。

いろいろなかにかまがあり、いろいろなあいさつがある。そして、かにかまは進化し続けており、挨拶もまた進化する。

良きかにかまライフを送って、元気に年越しをしましょうー。
そしておせちにかにかまを添えて、来年も事なきを得ていきましょうね。

ではまたー