しっぽをくるん

ぺらねこのにっき

マシンパワーが余っているならマイニングすればいいじゃない

というわけで仮想通貨(暗号通貨)の話です。

余った計算資源で3ヶ月ほどマイニングしたので、感想を書き記します。

Awesome Minerで(諸々のマイニングエンジンを操り)掘っていました。

グラボはAsrockのAMD Radeon RX6800です。昨年末にツクモデンキの抽選販売で運良く買いました。
今グラフィックボードを買うなら、抽選販売に申し込み続けるか、BTOして剥がすのがおすすめです。
ガチのハイエンドグラボは課金すれば手に入るシステムですが、定価で手に入れるのは困難と言えるでしょう。

■やったこと

暗号通貨の預金先(ウォレット)を制作

AwesomeMinerをDL>インストール

仕事と共存できる程度にAwesomeMinerの設定を詰めて、常時マイニング

 

■やりかた

akiba-pc.watch.impress.co.jp基本的にはこのやり方をなぞりました。

ウォレットもJaxxにつくりました。

 

AwesomeMinerの設定自体は、こちらのやり方で効率良く掘れるのでしょうが、彫りたい人は金儲けでやる前提なので、全力ぶんまわしが基本になります。
そのため、他の作業ができる程度に掘る設定というのは日本語情報では触れているところが見つからず、苦戦しました。

■共存環境の作り方

この設定を行ったことであなたが被るすべての出来事はあなたで解決してください。
因果関係はわかりませんが、私はマイニング環境を同居させてから、SSDとHDD2個がこわれました。
SSD吹っ飛んだのは本当に痛かったが、グラボが焼けたりCPUが焦げたり、マザボが発火したりしなくてよかった。

 

AwesomeMinerの設定画面で、共存させたいMinerを右クリックし、propertyを左クリックします。

左ペインからEnvironmentを選択し、右のテキストエリアを編集します。

GPU_FORCE_64BIT_PTR 0
GPU_MAX_HEAP_SIZE 100
GPU_USE_SYNC_OBJECTS 1
GPU_MAX_ALLOC_PERCENT 100
GPU_SINGLE_ALLOC_PERCENT 100

それぞれどのような意味かはなんとなくわかればいいです。

1行目、強制的に64bit計算を行うか だと推測されます。ここは編集しません。

2行目、MAXヒープサイズ ヒープのサイズをグラボの全力を100として、%でわりふっているようです。

3行目、同期オブジェクトの使用フラグ? ですが、何を同期するのかわからんので手を出さず。

4行目、GPU MAX割当% 0とか101以上だと多分怒られる。

5行目、GPUシングル割当% ようわからん、ので4行目に合わせる。

GPU_FORCE_64BIT_PTR 0
GPU_MAX_HEAP_SIZE 50
GPU_USE_SYNC_OBJECTS 1
GPU_MAX_ALLOC_PERCENT 50
GPU_SINGLE_ALLOC_PERCENT 50

ヒープサイズは変えなくてもいいかもしれないのですが、下げてもハッシュレートがあまり変化しなかったので下げました。

いちばん効く値はGPU_MAX_ALLOC_PERCENTなので、これを80とかにするだけでもいいかもしれません。

GPU_SINGLE_ALLOC_PERCENTについては、推測するのも困難なので触らないか、4行目に合わせるのがいい気がします。

個人的には、これらの変数名は何をやってるかわからないので、クソ雑変数名だとおもいます。そんなものをさわるな。

 

■結論

マイニングするのはめんどくさい

マイニング環境を維持するのもめんどくさい

専用機でない場合は本当にめんどくさい

 

夏になると室温が上がって、グラボの風切り音に耐えられなくなるとおもうので、本当におすすめしません。トイレサーバとかがあれば話は別だが、そんなの共存環境作る必要ないですからね。

 

■恩返しを要求する!!
この記事が役に立った人は、私のAmazon欲しい物リストからなんか買ってください。

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2GHNHR5M299UH?ref_=wl_share

 

 

 

 

最近の斧について

斧を買いました。

えー。

斧をかいました……。

こちらのモデルです。

Let's shop together on AliExpress with new user coupons
Your ¥ 111 in coupons are here!
https://a.aliexpress.com/_mr5Q5sP

えー。中国のショップで購入しましたが、斧はいまオランダにいます。

 

全然わからん。

はよ届いてほしい。

新型の新型には勝てねえよ

カメラは趣味の中でも少し変わっていて、やりきればお金が稼げるかもしれない趣味です。

30代からプロゴルファーやプロ野球選手を目指すのは難しいけれど、カメラマンはそこまで体力を要求しないので、月に数日働いて、副収入を得るくらいの夢を見る人も多いのではないでしょうか。

しかし昨今の情勢では、カメラが入れる場所が減っていますので、機材に投資したり、技術を磨くための時間を投資するのが難しくなってきます。

追い打ちとなったのが、各社が一斉に大口径マウントを採用したミラーレスに以降して、セミプロ用機材の価格が暴騰している現実です。

もうね、カメラメーカーの生存競争が激しすぎて。
年次更新でカメラを投入している報道大手くらいでないと、使い勝手が大幅に変わる大口径ミラーレスに乗り換えられるわけではないです。

このあとの展開としても、今までの最上位機とは違う位置づけのボディをどんな覚悟で買えばいいのかという、難しい展開が待っています。
具体的に言うとキヤノンニコンソニーが全部すげえやつを投入します。

出来不出来がわからん第1世代のピンピンの新型を練習無しで現場に投入するのは怖いですよ。マジで怖い。

そういうのを踏まえて、辛いタイミングが重なっているなとは思います。

 

まあ、一方で海外に流出しまくっていた国内のレンズ資産が、日本国内だけで回っているという現実もあります。
とくに、大口径化する前の世代のレンズも手軽な値段に落ち着いていて、どんだけアジア圏の爆買が中古市場を温めていたか実感しております。

おもしろレンズがようわからん値段になっていたりしますし、より趣味性の高いフィルムカメラ用のレンズはだいぶ中古販売価格が温まっています。

 

ここでプロならいっちょ最新機材でやっていきましょうやーと言いたいところではあるんですが、現行の機種が弱っているわけではないんですよね……。

そもそもプロ用は堅牢なボディで売っているので、そりゃもう頑丈です。なにひとつこわれないし、全然劣化する気配がない。
今までのプロ機とこれから出るプロ機の違いはレンズにほぼほぼ集約されますが、使いたいレンズが1週間くらい借りれないとぽんと買える値段ではなくなりました。
もっというと、バックオーダーが解消しないと店頭にも回ってこないですし。

あうあうあー。

とりとめがなくなってきたのでいっかい切り上げます。

本当はOVFとEVFと偏頭痛について知りたいのだけど、そこらへんはどうやって調べたものだろうかー。

 

シン・エヴァンゲリオン劇場版:|| を見てきました(ネタバレあり)

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||を見てきました。

ガイナックスおよびカラー作品については、王立宇宙軍 オネアミスの翼からはじまってそこそこ長い時を過ごしてきました。

ネタバレありなので、EVANGELION遍歴を書いておきます。

本放送はリアタイしてましたが、使徒を喰った回でこれはロボットアニメじゃないなと思い離脱。
その後、旧劇場版も完全スルーして、新劇場版から復帰しました。
旧劇の惣流・綾波が人間的なフォルムに描かれていなかったことで、ちょっと見たくないなあとなっていたのです。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版が公開されてから、いままでにEVANGELION関連以外に大きなトピックがいくつかあり、私が拾っているものを列挙します。

・特撮展

巨神兵東京に現わる

シン・ゴジラ

夢と狂気の王国

このくらいです。

 

では、シン・エヴァンゲリオンについて語っていきましょう。

 

公開初日の朝10時台に強烈なネタバレを喰らったので、怒りに任せて翌日見に行くことにしました。

未摂取状態でネタ的に書いた感想はこちら。

カントクくんがモヨちゃんと結婚して、お話をおしまいにできるようになったの、オタクとして本当に嬉しい!

ツイートの体裁を取っていますが、ネタバレ食らわしてきた方にリベンジ砲として発射したものになります。キモオタ文体なのもそのせいです。

 

んで、見てきました。

素晴らしい映画だった。

 

当日の感想ですが、「何もかも巻き添えにして終わりやがった」です。

実際ふざけんなと思う部分が40%終わってよかったと思う部分が60%くらいです。
特に、過去のガイナックスが大鉈を振って切り捨てられたのが、とてもつらかった記憶があります。
この辺、後で雑多なメモを貼りますので、そちらでご確認下さい。

 

現在の感想は、「鈴木敏夫が俺たちからEVANGELIONを取り上げたのでは?」です。

ガイナックス臭が脱臭され、農村編でシンジが生まれ変わり、神話としてEVANGELIONを消費する。
それはたしかにきれいだけれど、誰の望んだ物語なのかはっきりしてほしいのです。

でかい作品群にピリオドを打つための映画として対比する対象は「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」になるでしょう。
あの作品でガンダムを終わらせたはずの富野由悠季は、後日ガンダムを続ける事になりました。

あ、暴走気味ですね。ここで一旦まとめましょう。

 

この下に観劇後のメモを貼っておきます。
未整理ですが、自分なりには整理されています。いちおう頭から時系列です。
後半は考察になっていますね。

 

次の感想は、2回目を見てからになると思います。

エヴァンゲリオンだけでなくいろいろなものが終わってしまった。
最初の会戦でキングゲイナーを殺し。Gレコも殺した。
艦隊戦で宇宙戦艦ヤマト復活篇を殺し。
・どうやってるのかわからないけど、ガルパンがやりたくてできなかったオブジェクトをたくさん配置した画面をスムーズに回す演出ができていた(割と感動した)
いろいろな場所であらゆるガイナックスコンテンツを殺し。
・ヴンダー降下で氷面を割る演出、完全に王立宇宙軍 オネアミスの翼の離床シーンとヤマトの発進オマージュなんだが!?

ストーリー的には、オイディプスコンプレックスの克服と、神を殺して英雄の時代への移行を成し遂げた感じ。
第三陣営として参戦したカヲルと加持リョウジ
シンジによって再構築された世界に、カヲルと居場所はあるのか(多分ある)
カヲルはトム・ボンバディル(指輪物語)だよね?
世界のはじめから終わりまで存在するがゆえに、世界に介入することのできない存在。
マリは何なんだ。英雄の導き手(ヴァルキリーとか、エルキドゥとか)なのかなあ。
カヲルと対のものだと感じたのだけど。
※このへん初回視聴ではうまく噛み砕けませんでした。

カントクくんがモヨちゃんと結婚して、お話をおしまいにできるようになったの、オタクとして本当に嬉しい!
↑観劇前日にミリしらで書いたキモいエヴァのオタクが言いそうなことが普通にあたっててビビり散らかすねこたち。

ふたりともうつを乗り越えて、いろんな人との交流ができるようになって、チーム戦で最高な物語を作り上げて駿のちからも、富野のちからも、山賀監督のちからも感じた。
もう何なんだ。

日本アニメ映画界の総力戦。その破壊力を喰らったと、そういう感覚です。

エヴァンゲリオンはおわったのか?
作中髪を殺したのは天使のちからを借りた人間であり、終わったのは神話の時代だから人間の時代をやれって言われたじゃんすか。
人間の時代をやろう。


シンジが唯一食べれたレーションがサッポロポテトのバーベキュー味なのだとして、うつから来たセルフネグレクトによる摂食障害を乗り切ったカントクくんなんじゃねえか(モヨちゃんと結婚してから食べられるものが増えたとか)

シンジが土の匂いを感じて、メンタルが前向きになっていくのリアルすぎて泣いちゃった。
メンタル弱ると匂いはわかるけど、その匂いに気づけないというか、四季の移ろいに興味を失ってしまうというか。
きゅうりが成っていたので、夏なのだと思うけど、世界の匂いが濃くなって、現実が解像度上げてくる感じがやたらにリアルだった。

↑シンジが失語症になったのは公式設定でいいんだよね?

 


今回、過去作にあった子供っぽいところが、特撮周りの樋口パートにしか見受けられなくて、みんな垢抜けたなという思いが。
樋口くんだけがおいていかれてないか?
ガイナックスっぽい、子供の遊び感が脱臭されまくっていた。この辺、宮崎駿を影響を感じる。

NHKで放送されるプロフェッショナル 仕事の流儀のシン・エヴァ回のクレジットに鈴木敏夫がはいっていたため、ヘイトが鈴木敏夫に向いてしまう猫たち。

 

創作物に生理が描かれないのは云々的なここ数日(2021年3月9日ごろ)のTwitterでの炎上に関して、綾波とアスカの哀れさとしてとるか、男性上位社会の産めない女性に対する過酷な扱いとして取るかで、だいぶ解釈割れしそう。
一方マリの生命体としてのポテンシャルが理不尽に異常。
デザイナーズチャイルドではないだろうけど、エヴァンゲリオンに乗ったのは一番最初だよね。たぶん。

TV版で性的なものへの怖れや恐怖をさんざんやった割に、猛烈に脱臭されてた部分かなと。
使徒を喰ってる!! でリアタイできなくなった自分としては、真希波の薬食いとしての共食いは気にならなかった。
感性が鈍麻したのか、薬食いですよとわかるようにえがかれたらか?

旧劇場版みてないから、旧劇場からスキゾ・パラノあたりの流れがわかんないや。

シン・エヴァンゲリオン見て帰ってきたら、感性が豊かになっていた。観劇中ほとんど目から涙が流れてたからな……。
でもトイレには2回行った。

シン・ゴジラのテーマが生きにくい世の中だけど、力を合わせればジャイアント・キリングできるよ! なのだとすると
シン・エヴァンゲリオンは、お前の目の前の権威は大人か? 自分が大人になれば、世界が広がって過ごしやすくなるよ。
大人になると権威の子供っぽいところも清濁併せ呑むことができるよ。
みたいな感じか?

シン・エヴァンゲリオン見た結果、勇気をもらったし劇場から出たあとリアルの解像度が上がってたから、たくさん心が動いたんだなってわかった。

エヴァンゲリオンTV版は途中で見るのが辛くなって、旧劇場版とかスキゾ・パラノあたりはスルーしているねこです。
しかし、CUTiEコミックは買っていたので、モヨちゃん側から見ていることになってしまったのです。

エヴァンゲリオンの販促物をもらう列が渋谷パルコの周りを3周した事件とかは、パルコの別の店にいて遭遇したりはしているので、あのときの渋谷はやばかったんだなーと思う。
秋葉原ではなくて渋谷なのが感慨深いですね。
※当時の秋葉原はオタクの街すぎて、一般人には踏み込みにくい風潮がありまして。
 遊びに行くだけでやべーやつ扱いされるような感じでした。

最終局面でシンジがゲンドウを始末したのは、若い庵野を今の庵野が殺し、かつての自分たちが作り上げたエヴァンゲリオンという衒学の固まりに縛られてる人たちを開放するっていう、義務感があったのではないか。
※これはEVANGELIONガイナックスから切り離したいスポンサーや鈴木敏夫の力が働いたと見るべきのような気がする。
 EVANGELIONを神格化することでファーストガンダムになってほしいというわがままというか……(穿ち過ぎ)


本来、受け取り手が勝手に大人になって解決する部分なのだけど、そこに庵野が介入してきたのは、優しさなのか、ファルス(男根)的なオトシマエのつけかたなのかちょっと解釈に迷う。
※私の中の庵野秀明は、ファルス的な解決を描かないイメージが有るので違和感があった。あったのだ。

 
ファルス的な要素の強い作品だった旧劇場版作品群をうまく脱臭して浄化することに成功しているように見えるのだけど、宮崎駿作品同様、消し切るところまでは至っていない。
※これって宮崎駿の臭みを抜いて回った鈴木敏夫が同じ方法論で庵野秀明に擬似ファルスをあたえ、その臭みを消して回ったようにも見える。
 ゆえにガイナックス・カラーの映画にみえないのだ。


しかし、宮崎駿作品ぐらいまで脱臭して、誰でも見られるようにはしたて上げられている。これは明確な成長なのだけど、きれいに覆い隠されたものからまろびでるファルスは、唐突で受け止めきれないから、気づいた瞬間思い上がりや横柄さを感じてしまう。

 

天使として再定義された皆さんと、複製やデザイナーズチャイルドとして定義された二人には、薄い本で活躍する要素がギッチギチに詰まってると思う。
アスカがシンジを好きになることはない、と明言されたけれど、それはオフィシャルの見解であり同人誌が突っ込まれる隙間は死んでない。
シンジは人から生まれた人なのか? よくわからん。人であるがゆえに血縁地縁に守られた英雄になれたと解釈するのがまるそう。

英雄は民衆が求める姿でそこにあることが約束された存在であるがゆえに、(新しい二次創作ガイドラインは策定されたけれど)すきに再定義していいのだとおもう。

 

 

碇ユイって何者なんだよ。

加持リョウジがひとり勝ちしてるんだけど、カヲル・リョウジ陣営が用意し、ヴィレが播種した4thインパクト前の地球に存在する種はどうなるの? グレンラガン(未見)につながるの?

 

 

https://www.isas.jaxa.jp/j/forefront/2009/nagano/index.shtml
宇宙での排熱周り。
護衛艦の主砲である12.7ミリには、通常冷却装置がついているので、アスカ機のバルカンが溶け落ちるようなのはちょっと考えにくい。
慣性を考えると、銃口からヒートパイプで体に近い位置に熱を誘導して、ヒートシンクで熱輻射にして逃がすのが丸いのかなー。

 

そういえばエンドロールに天野正道(作曲家・指揮者)の名前が。
あのひとの指揮は派手でよい。
O.S.Tでどの曲でタクトを執ったのか確認したい

 

特撮展を振り返らないといけないのかな……。
私は特撮展があまり好きではない。収穫はあったけれども。
バッカスIII世号大好き。

 なげえよ私。

この作品が素晴らしい映画であることは確かだし、ネタバレごときに踏み潰される作品ではないのも事実です。

なぜなら神話だから。

神話や英雄譚から力をもらって人間の時代を生きろという普遍的なテーマは、とても古く人気のあるものです。

人類が生まれてから、その力は衰えていない物語の類型なのですから。
新しい神話を作った以上、英雄の時代、人の時代に流し、人間に生きろといって終わるのは美しい。

そこから生きるチカラが湧いてくるのも当然で、そのための物語の骨格(フレーム)が神話なのだともおもいます。

そこに好悪が生まれてしまうのはしかたないのですが、私としては神話であるがゆえに再構築を望みたいです。

ゆえに、EVANGELIONにも続いてほしいというのがせつなる願いです。
そのために、ヱヴァンゲリヲン新劇場版の最新作の席は空いています。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版の最新作がみたいですね!

 

 

 

シン・ゴジラの感想です

前のブログからサルベージできなかったので、現時点でのシン・ゴジラの感想をまとめておきます。

当然、シン・エヴァンゲリオンには触れません。安心ですね。

シン・エヴァンゲリオンについての所感については今月16日0時ごろから語っていこうかと思っています。

 

さて、シン・ゴジラですが、アマゾンプライムビデオでなんかずっと無料で見れるので、いつでも見る事ができるとさえ言えます。

未見であれば、ぜひご覧になってみてください。

 

シン・ゴジラですが、庵野という男がどういう人間なのか、ということを知っておくととんでもなく分かりやすくなります。

 

このとき、手引となる作品はふたつです。

監督不行届 (Feelコミックス) | モヨコ, 安野 |本 | 通販 | Amazon

一般的には適応障害であるとか、発達障害として生き辛い生活を送りながら、カントクとして仕事を進めていく姿が伺えます。

正直、どれだけ人間社会に適合できていないかを切々と訴えてくるので、モヨちゃんのヤバさも相まってとてもやばい作品です。

 

そして、もうひとつはこちら。

https://www.amazon.co.jp/dp/B00IP10QBE/

夢と狂気の王国です。

 

これは前世紀の体育会系ものづくり論で突き進むスタジオジブリの狂気について深く取材をしたドキュメンタリー映画なのですが、作中、風立ちぬ製作中に主役の声優がどうしても決まらなくて困った宮崎駿鈴木敏夫が、庵野秀明に声をかけるシーンがあります。

 

大先輩に声をかけられた庵野秀明は、即座に首を縦に振るんですね。
それによってカラーのしごとがめっちゃ止まるのは確かなんですが、悩まない。即断をするのです。
これは、庵野秀明が「斜めに首をふらない」漢であることを示したエピソードであり、庵野秀明の大人さ、社会性を示すシーンです。

※このときの庵野秀明は震災後に陥った強烈なスランプの中でもがいていたのだという話も先輩のアニメライターさんに聞きました。

このとき、宮崎駿庵野秀明を立て直したのではないか、という見方もできますが、夢と狂気の王国の中では、庵野秀明の本心には触れないので、わからないというのが現実です。

 

さて、この2作品を踏まえて上でシン・ゴジラを見ると、この作品がゴジラという難題に立ち向かう庵野秀明自身と、生きづらさを抱えたはみ出しもののチームであるという構図が理解しやすくなります。

 

庵野秀明矢口蘭堂、このふたりとも才能に恵まれた人間ですが、このふたりがプロの仕事。受けた以上は相手が納得するかそれを超えるクォリティのものを出す。ということを見せつけてくれるわけです。
 

その成果を後押しするのは、生きづらさを抱え、コミュニケーション弱者でもある、この映画の聴衆です。
矢口蘭堂は、庵野秀明の理想の自分なのかもしれませんが、コミュニケーション弱者と、コミュニケーション強者の間を翻訳してつなぐ優秀な通訳として、チームを機能させ、責任を取り、ゴジラを倒してのけます。

  

そこに、この作品のカタルシスがあるのです。

 

私はシン・ゴジラのテーマを、生きづらさを抱えた人たちに能動的に生きるか、受動的に死ぬかの決断を迫るとともに、頑張れば報われるよと背中を押してくれる作品となっていると感じました。

 

この部分を今風に言うと「生殺与奪の権を他人に握らせるな!」になるのかもしれませんね。

(2021年3月14日追記)元の文章では、発達に偏りがあったり、苦手なことがたくさんあっても、いいチームを組めれば全力で得意なこと、やりやすい仕事に集中できて、強い戦力になり、社会に居場所が生まれ、生きやすくなると。といったニュアンスで書いていた気がします。しかし、これを庵野秀明に言われてしまうと、プレッシャーのほうが強くなってしまうと感じるのは私だけでしょうか。

 

現代日本、いろいろな問題が山積しており、誰でもがメンタルの不調を抱える時代かとおもいます。
その中で、チーム戦の尊さと、リーダーの資質を本当に上手に物語にしていると感じました。

 

本当に弱っているときに見ると、ざっけんなよとなるかもしれませんが、この映画から勇気を貰える方や、戦う活力をもらえる方がたくさんいるのだとおもいます。
なぜなら、私も力をもらったからです。

 

そういう意味で、シン・ゴジラは本当の傑作です。

そして、たぶん古びることはないでしょう。

初代1954ゴジラが古びないように。
 

シン・ゴジラを見た後は、初代ゴジラを見てください。
その鮮烈さに目を惹かれるはずです。
ゴジラがマスターピースであり、シン・ゴジラがまたマスターピースであることが理解できると思います。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07PV2SHBG/